いつの間に芽吹いていた長寿紅

2月16日

紅葉した葉は長い時間をかけて落ち、気づいたら残り一枚となっていた。

木全体の生育も止まっているようで、芽吹く様子もない

3月20日

遠目から長寿紅の木を見ると、残り一枚の葉が落ちた変化しかないように見える

近くで観察してみると、下方の枝から新芽がでている!

いつの間に!ですが、ちょっと感動です。

2月末から3月にかけて、寒さが緩んだり、冷え込んだりを繰り返している中、

春はもう少し先かなって思っていましたが、

植物は春の訪れをいち早く感じ取っているのですね。

陽だまりのあたたかさに、小さな幸せを感じました。