紀州の名に魅かれ、苔購入

2020年11月22日

2020年11月20日

オリーブ・コロネイキの鉢に自生した苔の移植・育成を決めました。
苔の特性や育成環境を学ぶために、自生した苔とは異なる苔を購入してみよう。

ネットで探していると、気になるメルカリ商品があった。
紀州で自生しているコケを採取し、紀州でとれた流木にのせている。とある。
続いて、とれたての苔を流木に乗せただけで、活着はしていない。台座用の流木を無料で追加してくれると言う。

何の種類の苔かわからない、初めて苔を出品している、幾度の値下げによる安価な設定と不安要素はたくさんありましたが、写真を見る限りは鮮やかな緑色していたこと、今まで見たことない苔だったことで、紀州産(大自然をイメージ)だったことで購入することに決め、届いた苔がこれです!

う、う~ん!?ネットの写真と違い元気がなさそうだし、中央部分が少し痛んでる。風が吹いただけで、苔が流木から落ちそう。
季秋にトンだ奇襲をかけられました。既習しなかった自分が悪い。(くどい)

まずは、半日陰に置き、霧吹きで全体にまんべんなく水やりをして、様子ですね

こういった植物が輝きを取り戻した先には、感動があり、幸せがある。
そういった日がやってくることを祈念して、紀州苔を観察していきます。