ニシキギ・ルディーハッグの成長記

4月6日

春の陽気に包まれて、ニシキギが萌えてきました。

4月12日

枝の先が膨らみを増し、芽を出す準備を始めています。

4月19日

芽吹いた葉がぐんぐんと大きくなっています。

毎朝、成長を感じ取ることができ楽しいです。

4月28日

木全体に葉が広がり、小さな白い花が咲き始めました。

毎年、この小さな白い花を見ていると、春真っただ中を実感できます。

近づいて木全体を観察していると、枝先に黒いつぶを発見しました。

更に近づいてみると、出ました!アブラムシです。

昨年は目に付かなかったのか、気にして見ていなかったのか、

アブラムシを発見することはありませんでした。

花木を観察していると、花や木だけでなく、

そこにいる生物にも不思議と愛着が湧きます。

花木の成長に影響がない程度にバランスよく、

生物を生存させるにはどうしたらよいのだろう?

心苦しいところですが、殺虫剤を散布します。

 

5月5日

木全体に広がった葉に花が咲きました。

時折、蝶や蜂が停まっているがうかがえます。

また、アブラムシによる被害もなさそうです。

白い小さな花は、暫くの間、楽しむことができますが、

花が散るころには初夏を迎えます。

季節ごとに変わりゆく、花木は趣深いものがありますね。