失敗!オリーブ・オイルの絞り出し

コロネイキの実でオリーブ・オイル作りで1時間揉みだした果実を
丁寧に油だししていきます。
予想では40ml程度のオリーブ・オイルを絞り出すことができますが、
少し大き目の450mlの瓶を用意しました。

茶こしの上に不織布を用意して、丁寧に絞っていきます。
茶こしはなくてもよい(ない方がよかった)ですが、
今回は不織布から揉みだす際に、茶こしの網に擦りつけることで
絞り出す量を増やすことを試みました。

袋から出して不織布の中に投入した時は、
表面の部分がテカテカしていたのですが、
絞ることを繰り返し行うと、水分がなくなり、
カスカスの繊維だけが残りました。
しかし、見た目がとても悪いです。。
この先がとても心配です。

カスカスになった繊維を取り出して、
揉みだした状態のオリーブを投入して、
カスカスの繊維になるまで絞り出すことを
何度も繰り返していると、トラブル発生!!!

なんと、瓶が倒れ、貴重な液体が飛び出してしまいました。
オリーブを絞り出しているうちに、オリーブ・オイルが
瓶の外側に付着して、瓶の側面や底が滑りやすくなっていたようです。
思いがけない出来事が発生して、暫くその場で立ちすくんでしまいました。
かなりのモチベーションダウンです。

キッチンの上にこぼれた液体は不織布できれいに拭き取り、
瓶に絞り出すことができましたが、床にこぼれた液体は諦めました。
頑張って集めましたが、元の量の半分くらいになってしまいました。

投げ出したくなる気持ちを抑えて、最後まであきらめず、
何とかすべての果実を絞り出しました。
最終的には75mlの瓶の半分以下、30ml程度の液体になりました。

絞り出した液体を2~3分放置していくと、
液体に層が出来てきました。
写真ではわかりずらいですが、上部の透き通った金色の層が
オリーブ・オイルです。

この後、スポイトを使って上澄みだけを吸い取ることを
試みましたが、金色の層が少なすぎて、果実や果皮が
混ざってしまうため、オリーブ・オイルの取り出しはあきらめました。

<今回の反省点>
1)オリーブの実からオイルを揉みだす時に入れる袋は破れにくく、
口がしっかり閉まるものを用意した方がよい
厚手のものを用意したつもりでしたが、結果、、破れてしまった。
2)オイルを絞り出す不織布を3枚重ねにしたため、
不織布に液体が染み込んで、絞り出せる量が減ってしまった。
不織布は1枚にして、何度も油こしした方がよいです。
3)瓶はすべらない工夫が必要だった
瓶のしたに濡れたタオルを敷く、ビニール製の手袋をはめるなど

オリーブ・オイルは微量になってしまったのは残念ですが、
自家製のオイルができたことは感動です。
来年は今年よりも多くの実を採取して、大量の実でオリーブ・オイル
つくりにチャレンジしたいと思います。