ナルコユリ、実はアマドコロ?

2020年5月2日

2020年3月28日

暖かい日が徐々に増えてきて、桜は咲き始めました。
毎年、この時期になると、土からをにょきっと目を出す植物がおります。
今年も新芽を出してくれました。ナルコユリです。


2020年4月4日
長寿紅リンゴの木の裏で、たくさんの目が出てきました。
この1週間で新芽の数が3倍ほどになりました。楽しいです。


2020年4月11日
1週間前には芽が出てきたと思っていたところでしたが、
茎が伸び、葉が付いてきました。本当に早い成長ですね。


2020年4月16日
新芽が広がり、茎が伸びて、葉が開いてきました。
毎年、この成長の速さには驚かされます。
毎日の観察がとても楽しく、幸せな時期ですね。

節から下向きの白い花が咲き始めました。
まだ、つぼみの状態ですね。開花が待ち遠しいです。


2020年4月24日
ナルコユリの花が開花しました。
鐘状の可愛らしい花ですね。

植木屋さんから購入した時に、この花は「ナルコユリ」と言われて、
ずっと信じてきましたが、ナルコユリについて調べ直そうと思います。
先日、庭先に生えた植物が「クローバー」と思っていましたが、
実は「カタバミ」だった事が最近わかったこともありまして。

ナルコユリの特徴
筋の目立つ美しい楕円形の葉を垂れる茎に互生させます。
主に葉を楽しみ、覆輪の斑入り、花は節から下向きに白い花を咲かせます。
開花時期は4~5月。
流通上はアマドコロを「ナルコユリ」で販売していることが多いので、
一般的には境目が曖昧です。

うん?アマドコロ?

アマドコロとナルコユリの違い
茎を触ったときにツルツルしているのがナルコユリ。
茎を触った時に引っ掛かりがあるのがアマドコロ。

茎を触って見ると、

何か引っかかりがある。。
これはナルコユリではなく、アマドコロでは?

アマドコロは春早くから花を咲かせて、花の先端は開きますが、
元でつながって筒状となります。
ナルコユリはアマドコロの花が終わる初夏5月下旬~6月に花期を迎える

時期からして、アマドコロぽいですね。

またまた、新たな事実を知ることができました。
自然に興味を持ち、見て触れることで、いろんなことが発見できる。
この楽しいことが我が家の庭先で、いつも起きていることに感謝です。

この小さな自然に触れ、向き合うこと、
        それが私の、ささやかな幸せな生活です。
                            my little life