日高産の苔 休眠期から成長期へ

2021年1月9日
濃い緑色した新しい茎が芽を出しているものの苔全体が茶色く変色してしまった。
特に中央部分の変色が進んでしましたようです。

2021年2月10日
2月に入っても茶色の変色は止まらず、カサカサに枯れたように見える。
水はこまめに霧吹きでやっているが、冬の寒さによる休眠状態のためだろうか?
それとも枯れてしまったのだろうか?見た目ではわからず、暫くはみずやりを続けます。

2021年2月21日
新しい茎が伸びてきた。完全に枯れていないようでちょっと安心。
このまま水やりを続けて観察しよう。

2021年3月7日
新しい茎はそれほど増えた感じはしない。
それよりも茶色ぽっく変色した茎が増えてきたことが気になる。
これは生え変わりの前兆なのか?う~ん、わからないです。

3月27日
暖かくなり新しい茎が増えてきた。
予想以上に早く生え変わっているように見える。
一方で枯れた茎は茶色から黒茶色に変色してきた。
枯れた茎や葉は刈り取った方がよいのだろうか?
う~ん、わからないけど、自然の苔は生命力で成長していくはず。
ここは手を加えず、我慢して見守ろう

4月10日
新しい茎や葉は濃く、太く、長くなってきた。
いつの間にか底に近い部分にも茎や葉が成長している。
本格的な成長に入ったようですね。

毎朝同じ時間に写真を撮っていますが、
日によって葉や茎が茂っているように見えたり、枯れた様にも見える。
苔はこうやって生え変わり、成長していくのでしょうか?
水やりと蒸れには注意しながら、成長を見守っていきたいと思います。

しかし、枯れた茎や葉が苔の周りに落ちていないのは不思議です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA