長寿紅リンゴの実 発育の様子

2020年5月31日

2020年5月10日(左)、23日(中央)、30日(右)の長寿紅リンゴの発育の様子です。5月10日には2つの実がありましたが、雨風により落下してして、5月23日には一つの実となりました。一つとなっても、順調に発育している様子が伺えます。5月23日から30日までには、形状に目立った変化はありませんが、一回り実が大きくなったようですね。

下の2つの写真は2020年5月23日(左)、30日(右)の長寿紅リンゴの木になった別の実の発育の様子です。こちらも形状に目立った変化はありませんが、気持ち一回り実が大きくなったようですね。

我が家に長寿紅リンゴの木が来てから初めての結実。毎朝の観察がとても楽しく、ちょっぴり幸せな日々が続いています。
これから収穫までの間には、じめじめした梅雨や強い夏の日差し、秋の台風と様いろんなイベントが待ち受けています。少しでも多くの実が成熟し、収穫できるよう願いつつ、しっかり対策を学んでいこうと思います。

どこか懐かしいクラシックなデザインの国産家具