オリーブコロネイキの剪定in2020

2020年03月01日

今日は風もなく、暖かい日です。本格的に暖かくなり、草木の成長が活発になる前に、オリーブ・コロネイキの剪定をしたいと思います。

下の写真は2019年2月に剪定した後のオリーブ・コロネイキです。

1年後の現在にはこんなに大きく成長しました。2019年は病気にもかかることなく、2018年の秋よりもたくさんのオリーブ実が成りました。

2019年はオリーブの実は収穫せずにそのまま残しておきました。何故かと言うとシンボル・オリーブの実りが想像以上に悪く、我が家全体の収穫量が減ってしまい、オリーブ漬けやオイルに出来ないほど少量だったためです。そのため、収穫せずにそのまま残ったしわしわの実が枝に付いています。

今年はシンボル・オリーブ同様にばっさりと剪定したいと思います。

「根元から生える細い枝」や「幹から直接生えている枝」、「地面に向かって生える枝」を付け根から切取る。上向きで外へ向かっている枝を残しながら、「内側へ向かって伸びる枝」や「交差している枝」を切り取っていきます。多少太い枝も思い切って刈り取ります。

今年のテーマ、「こじんまりとボリューミー」にまとめたところですね。春に向け成長し、夏前に花が咲き、実をつけてくれることがとても待ち遠しいです。自然を感じながら生活できることに、またひとつ小さな幸せを感じることができました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA