土質改良!コキアの庭植え

5月3日

2018年はコキアを植えた周りに落ちた種をそのまま放置して、

乱雑に苗が育ってきてもそのままの状態にしていました。

参考:コキアの種集め

 

2018年はこの状態で、苗が成長し、実をつけた実績があるので、

このまま苗を植えてもよいのですが、より良く育ってもらうために、

土質を改良していきたいと思います。

 

土質改良なしの土に植える苗と成長を比べるために

左側はそのままとし、右側半分の敷砂利を取り除きます。

 

敷砂利を取り除いた後、深さ30cmくらいまで掘り起こし、

小石を取り除いていきます。想像していた以上に小石がありました。

 

 

5月5日

土質改良用の材料は

有機石灰、ピートモス、再生土、肥料

です。

栄養たっぷりの柔らかい、水持ちのよい土に

再生すると言ったところでしょうか。

 

小石を取り除いて、凹んだ深さを補う量の再生土を入れます。

 

元からある土とよく混ぜ合わせて完成です。

土質が安定するまで、1週間ほど寝かせます

 

5月12日

鉢で育ったコキアを庭に移植します。

大きく成長したことをイメージして、5本の苗を植えることにしました。

 

10cmくらいの穴をほります。

 

掘った穴にコキアを植えていきます。

植えるコキアは成長度合いをイメージして、

中央には大きい苗を、外には小さい苗を植えました。

 

根元の周りは避けて、敷砂利を元に戻し完成です、

昨年よりも大きく育ってくれるといいな。

これからの成長が楽しみです。