コキアの種まき

4月13日

コキアの種の発芽温度(15度以上)を超える日が続いおり、

もう霜の心配はなくなりましたので、冷蔵庫で保管していた種を

種まきすることにしました。種は保管前と変化がない様ですね。

今回、使用するのは種まき培土とそのまま植えられる鉢のセット。

そのまま植えられる鉢はそこそこのお値段でしたが、

ポットごと植えることができ根が傷まないこと、

ポットはピートモスでできており、通気性、保水性が抜群、

自然分解できる理由から使用することにしました。

今年はコキアの苗をきれいに並べるためでもあります。

昨年は→秋の訪れ コキアの紅葉

 

水で濡らしポットに種まき培土を入れて、

土全体を湿らせます。

茶封筒から種を取り出します。

枯れた枝も混じっていますが、

右下の小さなつぶつぶがコキアの種です。たぶん。。。

ポットの真ん中に人差し指で軽く穴をあけて、その中に種を入れます。

種はポット1つにつき2~5個くらいまいて管理するようですが、

初めての事で少し不安なので、ひとつまみの種をまくことにします。

多すぎるかもしれませんが、何事も前向きに経験です。

種がまき終わったら、軽く土をかぶせて、

水をまいて完成!

同じ手順で残りのポットにも種を植えていきます。

余った種を捨てるのはもったいないと、

使い古しの土が入っている鉢に植えます。

栄養価の高い土でなくてごめんね。

どうなるのか結果が楽しみです。

期待以上に発芽してくれるとうれしいなぁ~



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA