常緑アジサイ・碧の瞳植え替え

10月20日

少し肌寒いと感じる日が増えてきた季節になりました。

昨年は寒さにやられて枯れる寸前までいってしまった、

常緑アジサイ・碧の瞳。今年は温室で越冬させることにしました。

12月15日

温室に入れて、水分・湿度を管理してきたおかげで、

元気を取り戻し、葉が青々してきた碧の瞳。

このままの調子で越冬して、春を迎えることが

できるとうれしいです。

ところが、そう簡単ではないようです。

3月23日

3月初め頃から枯れ始めて来た。

土が乾いたら水を与えることを繰り返しただけなのに。。。

PHは7.0(中性)。青色のアジサイにしたい場合は

酸性土にした方がよいけど、成長にはあまり関係ない。

だとすると、3月になり気温が上がり始め、気づかないうちに

温室内が高温多湿になっていたのかな。

アジサイは乾燥を嫌うといいますが、碧の瞳は違うのかなぁ~

昨年の豪雨の時もかなりの葉が傷んで、枯れてしまったし。

まずはできることをやってみようと、

傷んだ枝と葉の除去と土の入れ替えをすることにします。

左下の写真がカット前で、右下の写真がカット後です。

寂しくなってしまいましたが、ここはしばらくの我慢です。

株を傷つけないように注意しながら、株をスコップで掘り起こします。

土の表面は苔が生え、固かったですが、内部は湿った感じもなく、

サラサラの土でした。植え替え時、どんな土を使ったのか忘れてしまいました。

培養土とピートモスを混ぜ合わせて、

化成肥料を混ぜた土を使用します。

ピートモスは、

1.土質を酸性寄りに変化させる

2.水持ちをよくして、土をやわらかくする

効果があります。

酸性を好み、乾燥を嫌う、青色のアジサイと

相性がよさそうです。

ピートモスの割合が2割になるように培養土に混ぜます。

混ぜ合わせた土全体が柔らかい感触になりました。

株の根元まで培養土を入れて、水をたっぷりと与えました。

幾度となく、危機を乗り越えてきた、碧の瞳。

今回も見事に復活してくれるといいなぁ

これからの観察が楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA