ニシキギ・ルディーハッグの紅葉

11月25日

ニシキギ・ルディーハッグの種採取の日には日光が当たる葉は紅葉しました。

しかし、日光が十分に当たらない木の下の部分は紅葉はこれからです。

 

12月1日

紅葉を終えた木の上の部分は葉が枯れ落ちてきました。

上の葉が落ちたことにより、日光が下の方まで行き渡り、下の葉も色付き始めました。

木全体が鮮やかに紅葉する様子が観察できないのは残念ですが、上から下へ、徐々に紅葉していく様子は、長い間楽しめるので、これまた、いいものですね。

 

12月8日

下の葉も色付き、ほとんど紅葉したようです。

上の葉の色づきに比べ、日照時間が短いせいか、若干、赤色が薄いように感じます。

下の葉にも日光が差し込むように、上の枝を少し間引きした方が葉の色づきはよくなりそうですね。

12月15日

葉が色付き始めた11月初旬から、1か月ちょっとでほとんど落葉しました。

葉がなくなると幹や枝が丸裸になります。あらためて見ると、1年間で大きく成長しました。また、鮮やかな紅葉を楽しませてくれました。

ニシキギの落葉が終わると、年の瀬を感じます。

今年もまた、年間を通して季節を感じることができ、幸せな時間を過ごせました。

来年は枝を剪定して、樹形にこだわってみたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA