冬越し用花木用温室設置

もうすぐ11月を迎えることになり、朝晩の気温が低くなってきました。
我が家の植木鉢の花木は冬の外気に当てて、冬越しすることがは難しいため、
昨年と同じく、外気に直接触れない環境、温室を作りました。

ビニールの保管状態が良くなかったようで、しわくちゃになってしまいました。
光の透過率が悪くなり、温室内の温度が上がらないことが少し心配です。

10月28日AM7:30の気温を計測してみました。
温度計を外に置いて10分後に測定した結果です。
左側が温室外の気温14℃、右側が温室内の気温15℃です。
1℃しか変わりませんでしたね。

次は10月28日PM2:30の気温を計測してみました。
同じく、温度計を外に置いて10分後に測定した結果です。
左側が温室外の気温25℃、右側が温室内の気温27℃です。
午後の暖かい時間に計測しましたが、2℃しか変わりませんでした。

ハイビスカス・イエローと常緑アジサイ・碧の瞳とその他鉢を
温室に置いてしばらく様子を見る事にします。

ハイビスカスと常緑アジサイは2度目の冬越しです。
ハイビスカスは葉が枯れ落ち、枝だけに、
常緑アジサイは寒さで葉が傷んだり、枯れたします。

そんな状態で春先には新芽が出たり、葉が茂ったりするのか、
昨年同様どきどきですが、こまめに経過観察しながら、
見守っていきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA