コロネイキの実でオリーブ・オイル作り

秋も深まり、コロネイキの実は黒紫色になってきました。
完熟するまで、まだ時間がかかりそうですが、
オリーブ・オイル作りの足しにしようと残しておいた
シンボル・オリーブの実が熟しすぎて落ち始めたので、
オリーブ・オイル作りをすることしました。

コロネイキの木は今年成長しましたが、まだまだ小ぶりです。
木のサイズの割にはたくさんの実が採取できた気がします。
ちょっと、得した感があります。

採れた実を計量します。
コロネイキ(左側)は180g、シンボル・オリーブ(右側)は40gと
合計220gのオリーブの実でオリーブ・オイル作りにチャレンジです。

採取したオリーブから実についている茎や細かいごみを
取り除き、水洗いして、キッチンペーパーの上で乾燥させます。
そして、ジップロックに入れて再計量して、オリーブの総量を確認します。

ここからはひたすら「果実を揉み込む」作業が始まります。
今回の目標は60分です。
ビニールの上から揉んでいくので、できるだけしっかりした袋を
用意するとよいです。今回も揉んでいるうち破れてしまいました。

最初の20分は1粒ずつ実から種を押し出すような感じ、
ぶどうの実を皮から押し出すような感じで揉み続けます。
未成熟な緑色の実は想像以上に堅く、びっくりです。
途中、種の尖った部分が袋に擦れて、破れてしまったので、
袋を2重にしました。少し指先が疲れてきました。

次の20分は取り出した種の周りに残った実をそぎ落とすことと、
果皮を押しつぶし、液状化すること集中します。
少し水分が出てきて、ペースト状になってきたのでやる気Upです。
黄金のオリーブ・オイルを想像しながら黙々とひらすら揉み続けます。

60分経つと、油がにじみ出た色のペースト状になり、
弾力も出てきました。粘り強く頑張った甲斐があります。

目標の60分を達成し、
今回の揉み込みはここで終了です。

コロネイキは800種類以上あるオリーブの中でも
油の含有量は20~30%以上と高く、もっとも酸化しにくく、
ビタミンやアミノ酸を豊富に含んでおり、
最高品質と言われています。

油の含有量からすると、44mlのオリーブオイルを
得ることが期待できそうですが、結果はいかに。

次はオリーブ・オイルの絞りだしです。