ハイビスカスが弱るほどの猛暑

8月4日

暑い日が続いており、1週間ぶりに花が咲いたハイビスカス。
うれしさのあまり先週完成したドライフラワーのハイビスカスを飾りました。
ドライフラワーのハイビスカスは遠目で見ると、わからないほどの出来栄え。
幸せな時間をありがとう。

昼買い物に出かけて、かえってきたのが14時30分。
朝元気に咲いていたハイビスカスの花がしぼんでる!?
暑さにやられたのかと思い、土の温度を測ってみると、、、
なんと、43℃でした。

オリーブ・コロネイキの植木鉢や地植えのスペースの温度を測ってみると、
こちらも高温の42℃と40℃。地植えスペースのオタフクナンテンは少し元気がありませんでしたが、長寿紅やナルコユリは普段と変わりはありませんでした。

ハイビスカスは暑さに強いと言うイメージがありますが、
35℃を超える異常の暑さだと、ぐったりとして、開花は鈍くなるようですね。

コンクリートの照り返しも受けているようなので、
風通しのよい、遮光率が40%くらいの砂利の上に引越して、
様子を見る事にしました。元気になった様子が待ち遠しいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA