今年も暑さに負けたナルコユリ

ナルコユリは水を好み、外の半日陰でよく育ちます。
我が家では日当たりが良い場所に植えているので、
昨年は真夏の強い直射日光ですべての葉が葉焼けしてしまいました。

今年は南側に長寿紅の木を植え、強い日差しを少しでも避ける作戦に
したのですが、結果は・・・あまり効果なしでした。

長寿紅の根元で、葉が覆いかぶさるところ(赤丸)に生えているナルコユリは、
枯れや日焼けがなく、順調に育っているようです。
やはり、半日陰や明るい日陰を好み、成長するようですね。

 

ナルコユリはユリ科ですので、地下に地下茎が這い、球根が発達しています。
栄養が球根にまわり、球根の肥大化させるために、茎や葉が黄色くしおれてくるのを待って、茎を根元から切っておけば、来春にはまた生えてきます。

同じユリ科のチューリップと同じ手当をしてあげれば経験上OKです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA