結婚式のブーケで作ったドライフラワー完成

結婚式のブーケをドライフラワーにのブログで紹介しました、
結婚式で頂いてきた生花をシリカゲルの中に入れてから2週間が経ちました。
取り出して出来栄えを確認したいと思います。

水分を吸ったシリカゲルは、白やピンク色になりますが、色は2週間前とほとんんど変わらず。所々、濃い青色の少し大きめの粒がある程度でした。

 

まずは、かすみ草と青い花びらを入れた長細い容器から、
ゆっくりと少しずつ新聞紙の上に空けてみました。

 

青い花やかすみ草は触った感じはぱりぱりしていて、いい感じで乾燥しています
左側にある蕾のままのカーネーションは花びらの中までシリカゲルが入りきらず、生乾き状態でした。見た目も悪く、腐った臭いがしたので、捨てることにしました。

 

次はカーネーションとバラの生花を入れた容器を空けてみました。

 

バラやカーネーションの色味が鮮やかに残っており、生臭くもなく、しっかりと乾燥できていたようです。自分でもこんなにきれいに仕上げることができて、ちょっと感激でした。

 

自然乾燥した花びら(左側)とシリカゲルを使って乾燥させた花びら(右側)です。シリカゲルで乾燥させた方が色も鮮やかで、しっかりと形が残っています。
こんなに違いが出るのですね。手をかけた分、いい成果が出てうれしいです。

 

最後は、アジサイの生花を入れた容器をです。

 

こちらも自然乾燥したもの(上側)とシリカゲルで乾燥させたもの(下側)を比べてみました。明らかに出来栄えが違います。水分が多い花は強制的に短時間で水分を吸い取った方が鮮やかに、元の形を維持したまま乾燥させることができるんですね。シリカゲルの重みで花びらが押しつぶされた形になったのは少し残念ですが、想像以上のドライフラワーに仕上げることができました。

 

今回作ったドライフラワーを並べてみました。
初めてにしたはなかなかの出来栄えで満足です。
青い花びらに注目してみると、出来栄えに少し違いがあるのに気づきます。
上段の花びらはシリカゲルの上に花びらを下向きにして置いたもの、下段のものは茎を下向きにして置いたものです。花びらを下向きにした方がきれいに仕上がっています。これは、下に敷いたシリカゲルの上に花びらが開いた状態で置いたことにより、シリカゲルの重みで、花びらが変形することなく、乾燥できたからのです。

花びらを乾燥させる時は、「花びらを広げて下向きに置くこと」 できれいな仕上がりになることを覚えておきます。

最後にシリカゲルを容器に回収して完了!

次は、いよいよハーバリウム作りです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA