別子銅山の東平 ニュートンリンゴの木

東洋のマチュピチュこと、愛媛県新居浜市東平にある産業遺跡(索道場)を見に行ってきました。

駐車場から産業遺跡へ途中に、
「ニュートンリンゴ木」と書いてある立て札がありました。

昭和39年(1964年)にイギリス国立物理学研究所から送られてきたものを接木したそうです。

たまたま訪れた地で、思いがけないことに、取りあえず写真は撮りました。

枝ぶり見ると、時代を感じるリンゴの木でした。

別子銅山の「索道場」はこんな感じでした。雲が多かったので、少しわかりずらいですが、写真の奥に見えるのは新居浜市市街地で、さらに奥が瀬戸内海です。

見たことのない遺跡と初夏を感じる風景に出会うことができて、幸せな時間を過ごすことができました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA