真っ赤に染まる小さなニシキギ・ルディーバッグ

2016年4月に我が家にやってきた世界の三大紅葉樹のひとつ「ニシキギ」の園芸種で、日本では比較的最近になって紹介された品種 ‘ルディーハッグ’

樹高は1mくらいでまとまってくれるのとその名の通り紅色もひときわ美しく、朱がかった紅色に染まる品種です。購入した時はその姿を想像できませんでした。

2016年12月には小ぶりながらも紅葉してくれました。日当たりが良すぎることもあり、少し葉焼けした感じに仕上がっています。まだいまいちってところでしょうか?

我が家にやってきて1年経つと、幹も太くなり葉の数が増えてきました。新緑の季節を迎えたニシキギはフレッシュさがあり、見栄えがよくなってきました。

2017年11月になると、紅葉する前に初めて赤い?橙色の実をつけてくれました。楕円形の変わった形の実でした。

2017年12月には真っ赤に紅葉し、季節感を楽しませてくれました。さすが三大紅葉樹のひとつということもあり、時間を忘れ見入ってしまうほど、鮮やかでした。

2017年4月には他の花木と重なり合い、窮屈そうだったので、配置を変え、追肥を与えました。そしたら、日々成長して、5月にはこんなに大きくなりました。今冬の紅葉がとても楽しみです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA