真っ赤な実をつけにやってきた長寿紅リンゴの木

2017年10月初めに、岐阜県海津市にあるおちょぼ稲荷(通称:おちょぼさん)に行った時に、可愛らしい、まだ青々とした実をつけた長寿紅の木に惹かれて、ついつい買ってしまった

1か月後の11月には結構赤くなってきました。

さらに1か月後には鉢植えを止めて、地植えにしました。お正月には真っ赤な実をつけて、眺めているだけでもなかなかのものでした。10個の実がなり、1個は落ちてしまったけど、残りの9個はりんご飴にして、美味しくいただきました。甘味はあまりなく、どちらかというと酸味が強いので、あま〜い飴との相性抜群でした。写真撮ってなかったので、残念ながらお見せする事はできないです。m(_ _)m。

実を取ってからは葉が枯れ落ち、3ヶ月間は幹と枝のみでした。本当に葉が芽吹いて来るのか不安でしたが、春の訪れとともに芽吹いてきました。

初々しい葉が付き始めたと思ったら、そこからが早かったです。2ヶ月もすると、こんなに大きく成長してくれました。

鉢植えから地植えにしたのも大きく成長してくれた要因ですね。長寿紅は1本で自家受粉可能なので、今年はどんな果実が実るのか今からとても楽しみです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA